睡眠ダイエットのメリット・デメリットをおさえておこう

睡眠ダイエットのメリットとデメリット
Pocket

世の中には、さまざまなダイエット法があります。たいていの場合は、食事制限によるダイエットや運動によるダイエットが主流だったりします。

最近、注目され始めた睡眠によるダイエットは読んで字のごとく睡眠により痩せる方法です。
そのメリットとデメリットを知り、ダイエットを始めましょう。

メリットとは?

1.身体への負担が少ない

睡眠ダイエットは他のダイエットに比べ、3ケ月や6ケ月という長期間で体重を徐々に減らしていく方法なので身体への負担がありません。

この方法は一日のスケジュールを調整して、無理のない生活リズムに変えていきます。過度な食事ダイエットや、めんどくさい
運動ダイエットとは違い、今までの生活に睡眠を最大限に取り入れる実行できることで体を痩せる体質にして徐々に痩せていくのです。

身体にいいことを、時間によって管理するという感じです。

2.人生の質が上がる

2つ目のメリットは睡眠ダイエットを行うことで、睡眠の改善もでき、人生の質があがる。
まさに一石二鳥なのです。

睡眠ダイエットを実践してあなたがダイエットに成功したときには、かならず「睡眠」という力が
あなたに味方してくれるでしょう。人生において、睡眠はとても大切です。これを生かすか殺すかで人生が180度変わるといっても過言ではありません。

つまり睡眠ダイエットを成功させたあなたは
人生を成功させる力も得るということにつながるのです。

3.リバウンドがしにくい

睡眠ダイエットは生活リズムをかえて、それを習慣化することで、痩せやすい体質にして
徐々にダイエットしていくことになります。
なのでダイエットするために運動をしなければいけないとか、
食事を我慢しなければといった誘惑と闘うことが一切ありません。つまり負けがなく、継続しやすいのです。

確かに最初に生活のリズムを整えるのは大変なことですが、慣れたら気にしなくてもダイエットできてしまうのが特徴です。 

デメリットとは?

1.即効性がない

睡眠ダイエットは先ほども言いましたが、長期間で痩せていく方法なので、すぐに効果はあらわれません。即効性はないです。

時間をうまく管理することで、睡眠の質をあげ、その力で代謝をあげた結果、脂肪を燃焼させるダイエット方法です。一晩ぐっすり眠れた人が燃焼できるエネルギーは300キロカロリーです。これはお茶碗に軽く2杯ほどのカロリーです。

一方、睡眠が十分でない人はおよそ100キロカロリーなのでその差の200キロカロリーが毎日の摂取カロリーからひかれるということを意味しています。なので期間としては長期になってしまいます。

2.快眠が絶対条件

快眠が絶対条件であり、ぐっすり眠るということは案外難しいです。ぐっすり眠れなくて睡眠不足なると、いくら日中規則正しい生活を送っていても、肥満になりやすい体質になってしまいます。

おそらく、みなさんはこの壁にぶつかり、諦めてしまう方もおっしゃるかと思います。自分の睡眠を知って、自分に合う睡眠法を自ら見つけるしか方法はありません。なぜなら人それぞれ、自分にあった睡眠時間は違いますし、年齢でも寝る環境においても違ってきますから。

3.夜食や夜更かしができなくなる

夜更かし、夜食といった夜型で楽しいことが一切できなくなります。寝る前に食べて胃の中に残っていると、夜中に分泌されるホルモンによってエネルギーが脂肪に変えられてしまうので、基本的に寝る前3時間以降は食べることはできなくなります。

また夜更かしをすると生命危機を感じ、人間本来の生存反応がおこります。そうすると無意識のうちに、自然とカロリーが高い食べ物をとってしまうのです。

今まで夜型で夜遅くまで飲食していた人にとっては、きついかと思います。

まとめ

睡眠ダイエットのメリットとデメリットについてお話ししましたが、いかがでしたか?

ダイエットで一番やってはいけないことが、リバウンドです。リバウンドは短期間でダイエットするほど、その反動が強く、なりやすいと言われています。ですので一度、長期間で睡眠ダイエットをすることをおすすめします。

ポイントはダイエットするために快眠しようとせずに、快眠するために一日にできることを考えるようにしてください。快眠できる生活を手に入れれば、自然と痩せていきますから安心してください。

Pocket

睡眠ダイエットのメリットとデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です