「羊を数える」日本人に効果なし?それより眠れる方法があった

羊を数える
Pocket

「ひつじが一匹、ひつじが2匹、ひつじが3匹・・・・」。眠れない時に羊の群れが延々と柵を乗り越える場面を思い浮かべ、一頭ずつ数えると良いと小さい頃、親にそう言われた人も多いんじゃないでしょうか? ただひつじを数えるということが特に我々、日本人にはあまり効果があまり効果がないことが分かっています。それはなぜなのでしょうか?

それと同時に、どう活かせば眠れるようになるかも解説していきますね。

そもそも眠るために、なぜ羊を数えるか?その理由は

日本人は「羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹・・」と羊を数えますが、本来は英語圏内で生まれ使われているものであり、「one sheep, two sheep, three sheep」と数えられています。この羊を数えるという行為は、様々な実験で研究されていますが、明白な理由がまだはっきりしていないことが実情です。有力とされている主に4つあります。

一番、有力な説とは

「シープ、シープ」(羊を英語ではsheep)と繰り返すことで、「腹式呼吸」となり体がリラックス状態になるというものです。英語を使う人にとって「シープ」という言葉は腹式呼吸につながる音です。しかし、日本語では羊は腹式呼吸にはなりません。これが日本人が「羊が一匹、羊が2匹」と数えても眠れない大きな要因なのです。

腹式呼吸を繰り返すと、脳の興奮状態が鎮まります。眠れないのはストレスなどで脳が興奮状態なので腹式呼吸をすることでリラックスすることができるのです。腹式呼吸は深く、ゆったりとする方法で、お腹で呼吸するように意識することです。

自己催眠をしている?

羊は英語で「sheep」、発音は[ʃíːp]です。寝る・眠るは英語で「sleep」、発音は[slíːp]です。このことから音感が近いので「sheep」と何度も繰り返すことで「sleep」となり、自己催眠効果があらわれるからだと言われています。日本語でもまったく「羊」と「寝る・眠る」が違うことが分かりますね。英語で言うことによって、羊がいつしか「眠れ、眠れ」と自分に言い聞かせている状態になるということですね。

単純な言葉の繰り返し

羊を数えることは単純な言葉の繰り返しであり、眠気を誘うことができます。これは言葉の繰り返しに限らず、単純な計算や連想させることでも実証されています。これなら英語に限りませんから羊にこだわなくても、自分の好きなようにアレンジできますよね。

(補足)南イリノイ大学のスティーヴン・ヘインズがおこなった調査では、この方法に確かに眠気を誘う効果があると実証されたのです。簡単な算数問題(100から3ずつ引き算していく方法)を、不眠症の人と睡眠障害のない人の2つのグループの参加者に試した結果、睡眠障害のない参加者は眠るまでにいつもより時間がかかったが、不眠症の参加者はいつもより早く眠ることができたのです。

英語圏内のヨーロッパ人

英語圏内のヨーロッパ人にとって、羊とはとても見慣れた存在です。つまり、羊をイメージすることでリラックス効果がでてくるからだと言われています。リラックスさせて眠るということですね。

では、日本人はどうすればいいの?

先ほど説明しました4つの説にヒントが隠されています。羊を数えることを英語で唱えて腹式呼吸をする。自分の好きで安心できる言葉を繰り返してみる。簡単に算数問題や連想問題を利用してみることです。

sheepを使ってみよう

「one sheep, two sheep, three sheep, four sheep」と唱えてみましょう。それが慣れないなら「sheepが1(匹)、sheepが2(匹)・・」としてもいいです。肝心なのは「sheep」を意識して腹式呼吸するということです。腹式呼吸は、お腹に意識を集中して、ゆっくりと鼻から息を吸い、口から吐いて行ってください。

好きな言葉や安心できる言葉をすんなり言えるように覚えて、実践してみよう。

あなたの好きな言葉や安心できる言葉は何ですか?愛する人の名前、家族の名前でもいいです。自分の趣味の場合、それにまつわる人でも構いません。または尊敬できる人でもいいでしょう。順番を決めて10個上げてください。ここでポイントなのは人なら人に絞ること。マイナスなイメージを連想させる人や物はやめること。それと10個の中で人と物を混同させないことです。

人の場合は、1人1人唱えるときに「人を思い浮かべ、感謝する」ようにしましょう。感謝することは体をリラックスさせる効果があり、健康にもいいです。何より物事を客観的にみることができるようになります

物の場合は、それによって自分はどのようなことが出来るかを想像することです。楽しいことを思い浮かべると、人は眠りやすいという臨床結果もあります。この際、より細かいことを思い浮かべるより、大まかに思い浮かべるようにしましょう。現実的になるとかえって逆効果になってしまうことがあります。

簡単な算数問題や連想問題を利用してみる

算数問題

3の倍数または3に3をどんどん足していきましょう。「3、6、9、12、15、18」という感じです。それで99まで到達したら次にくる102をそのまま言わず、一の位の2だけ残して、また2から3を足していきましょう。足していく数が2など簡単すぎると意味がないので、少し頭を使うほうがいいでしょう。

連想問題

数字が得意ではない人はぜひ連想問題を試してください。英語の場合はよくアルファベッドのAからZまで頭文字から単語を連想させますが、私たちはアイウエオ順で連想させましょう。

「あ」なら飴、「い」ならイカなどです。算数問題でもいえることなのですが、あまり考えすぎてはだめです。なので「あ」なら飴と固定させることが大事です。また連想させる言葉を食べ物や人名などジャンルを絞ったほうが覚えやすいですよ。当てはまる単語が見つからない場合は、無理して見つけなくてもいいですよ。

まとめ

 羊を数える本当の意味は「腹式呼吸をする」「何度も唱えることによる自己暗示やリラックス」が目的だったということが分かりましたね。原理が分かれば、利用しない手はないと思います。口に出さなくても、頭の中で唱えても効果が得られますので試してみてくださいね。この方法は実際の不眠症の人にも行われている不眠治療の1つでありますから、とくに最近眠れないと思っている人にはおすすめですよ。
Pocket

羊を数える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です